作品詳細

極楽谷に死す
550円
1970年代、あの時代の熱はどこにいってしまったのか。南米バルパライソ、極楽谷と称される海辺の町から”わたし”のもとに一通の手紙が届く。学園紛争に引き込んでしまった友人が死んだという。さいはての地で娼婦の稼ぎで生きてきた男の軌跡を辿(たど)る”旅”にわたしは出た――。あの時代があざやかによみがえる短編集。(講談社文庫)

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン