作品詳細

人生に、引退なし 65歳で140キロのストレートに挑む「肉体」と「心」の整え方
1540円
「体が硬くなると、心も硬くなる」 「今度の登板でのストレート140キロ、期待しています」そんなふうに、現役引退後も私の投球を楽しみにしていただいておられるファンの人々の温かい声が励みになっている。この本が、人生をもっと頑張りたいと考えているみなさんの応援歌になればうれしい。「まだ、現役には負けられない!」そう思ってきたあなたへ。「現役時代より今が楽しい!」そう自信を持って言えるように。【著者紹介】村田兆治(むらた・ちょうじ) 1949(昭和24)年、広島県生まれ。67年のドラフトで、東京オリオンズ(現・千葉ロッテマリーンズ)にドラフト1位で指名され入団。速球を武器にロッテのエースとして活躍、現役23年間で通算215勝を挙げる。全身を使って投げる独特なフォームは「まさかり投法」と呼ばれた。その後、右ヒジを痛め手術を行うも、約3年のリハビリを経て完全復活。登板日が日曜日になることが多く、「サンデー兆治」として話題をさらった。最多勝、最優秀防御率、奪三振王など数々のタイトルを獲得後、90年、2桁勝利を最後に40歳で現役引退。その後は、離島の子どもたちへの少年野球教室をライフワークに、述べ100回以上訪問している。2005年、野球殿堂入り。13年、千葉ロッテマリーンズ対北海道日本ハムファイターズ戦で始球式に登板し、63歳にして135キロのストレートを記録し話題となった。

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン