作品詳細

密使
770円
<死>は泥酔した男を嫌悪の目で見下ろし、火のついた煙草を屑入れに落とした。裁きの業火が燃えさかる。これを正義と言わずして、何を正義と言うのだろう……。過失による焼死事故から数カ月、警察官メラニーは一連の死亡事故に共通項を見いだした。すべての被害者は暴力男だったのだ。神を気取った殺人犯は“闇の天使”と名付けられた。過酷な捜査の果てに、メラニーを襲う衝撃の事実とは?全米ベストセラー作家の筆が冴えるサスペンスの決定版。

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン