作品詳細

佐助、吉原へ行く のぞき見の江戸時代第二巻
328円
10分で読めるミニ書籍です(文章量11,000文字程度=紙の書籍の22ページ程度)「役立つ」「わかりやすい」「おもしろい」をコンセプトに個性あふれる作家陣が執筆しております。自己啓発、問題解決、気分転換、他の読書の箸休め、スキルアップ、ストレス解消、いろいろなシチュエーションでご利用いただけます。是非、お試しください。書籍説明第一作では佐助の一日を、江戸時代の目線で追ってみた。今回は、あれから3日後の佐助の動きを追ってみることにした。ミクロ歴史ドラマの細部から、過ぎた時代のことがらと、21世紀の歴史や社会的課題の関わりを読み解きつつ、江戸ロマンの世界に浸ってみよう。著者紹介音小田こねこ(ネコダコネコ)1964年、神奈川県生まれ。高校は日本で入学したが、留学を決意して、さしたる考えもなく米国へ。結果、高校はアメリカのモンタナ州で卒業。大学は韓国で卒業。中学生の頃から《詩とメルヘン》に投稿を始めて以来、もの書きが好きになりました。本質的なことにこだわりが強く、哲学と鉄鍋、ネコと犬が大好き。ネコらしい犬とたわむれつつ、ひねもす過ごす日々です。… 以上まえがきより抜粋

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン