作品詳細

映画に仕組まれたビジネスの見えざる手 なぜ映画館にはポップコーンが売られているのか
508円
グローバルな映画産業にあって極端にローカル・ルールの多い日本。
ハリウッドも認める日本ならではの特殊な事情を知れば、映画はもっと面白くなる!

【本文より】
映画がいろいろな人生や世界を映し出すことによって、観客一人一人がそこから何かを得たり、元気づけられたりする。映画は夢と感動のある総合芸術であり、身近に楽しめる娯楽であり、映画の中には夢を描く力、未来を描く力の源になる何かが、ここかしこに散りばめられているのだ。
日本映画・アニメなどのコンテンツは、クールジャパンと呼ばれ、今世界から注目されている。これから紹介していく「映画に仕組まれたビジネスの見えざる手」とは一体何か。それを探っているうちに、これからのニッポンを栄えさせるヒントが見えてくるはずである。

【著者】
谷國大輔(たにくに・だいすけ)
株式会社ジムービー代表取締役、地域プランナー(一級建築士)、プロデューサー(イベント・映画)。
1963年東京都生まれ。早稲田大学高等学院、早稲田大学理工学部建築学科卒業。ゼネコンで実務経験し一級建築士を取得後、同大学院修了。株式会社電通入社、政府系シンクタンクを経て会社設立。国・自治体・民間企業等で、まちづくり・観光・イベント・博覧会・中心市街地、並びに映画・映像等に関わる各種委員・プロデューサー・アドバイザーを歴任。
日本国内のミレニアムイベント関連事業の仕掛け人(ピース2000倶楽部主宰)。映画学校のOBで、映画の製作・上映・配信等に携わっている。

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン