作品詳細

Just Be Friends.
1000円
彼がいたあの頃、大袈裟じゃなく、わたしの世界の中身は、「彼が好き」それが全てだった。 彼とずっと一緒にいたいと、それだけを思って生きていた。 それがわたしの夢だったのだ。 だけど彼には夢があった。 それは、わたしとは違う夢だった。だから、だんだんと時計の歯車が削れていくみたいに、わたし達の心は、いつしか噛み合わなくなって、あの夜、二人の時間は止まってしまった。でもね。季節が巡るたびに、思いだすんだ。 二人で過ごした、色鮮やかな時間を。全てがうまくいったあの世界を。 だってあの恋は、二人にとって、きっと、特別な恋だったから―――。
完結

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン