作品詳細

田舎暮らし失敗事例から考える。幸せになるための厳しい田舎暮らし計画論。「思い立ったが吉日ではない田舎暮らし」
322円
10分で読めるミニ書籍です(文章量10,000文字程度=紙の書籍の20ページ程度)「役立つ」「わかりやすい」「おもしろい」をコンセプトに個性あふれる作家陣が執筆しております。自己啓発、問題解決、気分転換、他の読書の箸休め、スキルアップ、ストレス解消、いろいろなシチュエーションでご利用いただけます。是非、お試しください。書籍説明文都会に疲れ、田舎に希望を持つ人がいる。そんなひとたちの多くが短絡的な思いつきで田舎暮らしをはじめ、余分な苦労をして、結局なにも得ることなく失意のまま生き続ける。あげくのはて、「こんなだから、田舎はだめなんだ。」と人のせいにし、ますます惨めになっていく。そんなひとたちをこれ以上見たくない。「田舎暮らしは最高!」そういって頂くためにぜひ、本書をご一読頂きたい。著者紹介浦島金太郎(ウラシマ キンタロウ)都会で育ち、田舎に引っ越し、踏んだり蹴ったりな目に会った私。でも、幸運にも田舎に救われ、田舎で復活した私。その御恩返しのため、田舎に住みたい人のお手伝いをする団体を作り、田舎暮らしを応援しふるさとの活性化を目指し早7年。年間100組を超える田舎暮らし相談を受け、のべ150組の実現をお手伝い。50歳を目の前にして海辺の古民家に犬と暮らし、野に、海に遊ぶ幸せもの。… 以上まえがきより抜粋

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン