作品詳細

探検家の憂鬱
699円
生のぎりぎりの淵をのぞき見ても、もっと行けたんじゃないかと思ってしまう」探検家にしてノンフィクション作家の角幡唯介が、みずからの性とジレンマを描き尽くす。冒険とは何なのか。生きるとはどういうことか。自分はいったい何者なのか。極限状況において、自らに問い続けた果てに、しぼりだされた珠玉のことば。いま最も期待される探検家、はじめてのエッセイ。

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン