作品詳細

クレーマー坂本龍馬。いろは丸事件で7万両を奪いとった幕末最恐のクレーム顛末。
322円
10分で読めるミニ書籍です(文章量8,000文字程度=紙の書籍の16ページ程度)「役立つ」「わかりやすい」「おもしろい」をコンセプトに個性あふれる作家陣が執筆しております。自己啓発、問題解決、気分転換、他の読書の箸休め、スキルアップ、ストレス解消、いろいろなシチュエーションでご利用いただけます。是非、お試しください。書籍紹介鞆の浦沖にて紀州藩の蒸気艦と衝突・沈没した、海援隊の「いろは丸」。日本初の蒸気船同士の事故として有名なこの事件は、紀州藩が土佐藩に莫大な賠償金を支払うことによって決着した。その金額は7万両。それには「いろは丸」が積載していたという大量の銃火器類や金塊の代金が含まれていた。国際法『万国公法』を楯に徳川御三家のひとつである紀州藩に挑む海援隊隊長・坂本龍馬。だが最新の研究で「いろは丸」は銃も金塊も積載していなかったという驚愕の真実が判明した。「幕末最恐のクレーマー」、坂本龍馬が成功させた「いろは丸沈没事件」の顛末とは?著者紹介 岡本洸聖(オカモトコウセイ)1982年生まれ校正者として勤務の傍ら、郷土史研究で得た成果をベースに歴史関連のコラムを執筆。また、武道の経験をもとに幕末を中心とした剣術の話題を得意としている。橋本歴史研究会事務局長居合道(無外流)四段杖道(神道夢想流)四段… 以上まえがきより抜粋

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン