作品詳細

裏切りのラプソディ
550円
「ごめんなさい!」ティーナは、パーティ会場でぶつかった相手の顔を見ずにあやまった。視線はグラスのシャンパンがこぼれかかった腕のほうに向いている。「あやまることはない。きみのほうこそひどいことになっているよ」思わずティーナは立ちすくんだ。最後にその声を聞いてから三年あまりたつ。目を上げると、やはり声の主はジャスティンだった。かつての上司であり恋人だ。だが、彼は別の女性と婚約してしまった。裏切られたティーナは、彼の経営する会社を去り、今では別の会社で成功をおさめている。ところが、ジャスティンはそれをこころよく思っていないらしい。彼はティーナが現在勤めている会社の買収をくわだてたのだ。

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン