作品詳細

牧野植物随筆
本編
  • 【期間限定】第1巻が 825円⇒577円!10月31日まで
  • ※割引となる作品は割引後の金額が表示されていますので、ご確認の上でご購入ください。
577円
植物研究に生涯を捧げ、在野の研究者ながら偉大な業績のゆえに「植物学の父」と呼ばれる牧野博士。この稀代の碩学が、「馬鈴薯の名称を断乎として放逐すべし」「丁子か丁字かどちらだ」「ナンジャモンジャの真物と偽物」等、草木の名称や分類に関する通説の誤りを喝破。植物への情熱に支えられ、権威におもねることなく持論を開陳した興味深い随筆集。(講談社学術文庫)

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン