作品詳細

濡れちゃう本棚vol.20
禁断の姉弟愛~両親に隠れて秘蜜の一夜~
385円
「理性をおさえるの、いつも大変だった」両親が旅行に行ってしまったある晩、弟のレンに低い声で囁かれ、わたしの顔は一瞬で赤くなった。「これで最後にする。だから姉さん、今夜だけは俺、我慢しなくていいよね…」返事の代わりに、わたしは無言のまま、そっと目を閉じた。重なり合う唇の隙間から甘い吐息が零れて、わたしはレンの首に両手を巻きつけると、強くレンの身体を抱きしめた。最初で最後――そう言い聞かせて、私たち姉弟は、越えてはいけない一線を越えようとしていた。
完結

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン