作品詳細

発達障害は自己肯定感を下げてはいけない。子どもと接するときは評価ではなく肯定を心がけよう。
328円
まえがき筆者は現在発達障害児を扱う福祉施設などで心理職として勤務しています。一般的に発達障害は、知的な水準が保たれていることが多いので、どうしても通常と同様の基準でその子を評価してしまいがちです。よく聞かれる言葉は「何でそんなこともできないの!」や「普通に考えれば分かるだろ!」というような言葉ですが、彼らにとってまわりの人が当たり前にできていることというのは当たり前のことではないのです。しかも… 以上まえがきより抜粋

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン