作品詳細

日溜り勘兵衛極意帖
日溜り勘兵衛極意帖 : 10 押込み始末
539円
10巻まで配信中
根岸の里の小さな家の縁側に、老黒猫を膝に抱き転た寝する浪人の姿があった。その男の名は錏(しころ)勘兵衛。口入屋の女将おせい、故買屋の吉五郎、船頭の丈吉との四人組の盗賊「眠り猫」、最後の闘いが始まる。闇に潜む悪党に勘兵衛が下す裏仕置き、人気作家が放つシリーズ第十弾、ついに完結!
日溜り勘兵衛極意帖
550円
根岸の里に土地の者から「黒猫庵」と呼ばれる小さな家…
日溜り勘兵衛極意帖
550円
どんな盗賊にも破られない金蔵を作ったと自慢する蔵前…
日溜り勘兵衛極意帖
550円
同業者を出し抜き、大名旗本家御用達の金看板をいくつ…
日溜り勘兵衛極意帖
550円
眠り猫の名を騙る盗賊が現れ、室町の呉服屋丸菱屋に押…
日溜り勘兵衛極意帖
550円
眠り猫の勘兵衛が暮らす根岸の黒猫庵に、土浦の水呑百…
日溜り勘兵衛極意帖
550円
日本橋室町の呉服問屋「丸菱屋」に押し込んだ盗賊、唐…
日溜り勘兵衛極意帖
550円
日本橋の両替商「菱屋」の金蔵に忍び込んだ眠り猫の勘…
日溜り勘兵衛極意帖
561円
既に盗人稼業から足を洗った「仏の宗平」が、千住の寮…
日溜り勘兵衛極意帖
550円
盗賊「眠り猫」の一味で、口入屋を営むおせいの店で用…
日溜り勘兵衛極意帖
539円
根岸の里の小さな家の縁側に、老黒猫を膝に抱き転た寝…

この作品を読んでいる人にオススメ

藤井邦夫の他の作品

双葉文庫の他の作品


dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン