作品詳細

放浪行乞 山頭火百二十句
605円
うしろ姿のしぐれてゆくか―。徹底した自由で、一行詩を書き続けた放浪の俳人・種田山頭火(1882~1940)。その生涯を新しい解釈でたどり、山頭火の時代と芸術を捉えた評伝。

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン