作品詳細

漂砂のうたう
626円
【第144回直木賞受賞作】明治10年、根津遊郭。御家人の次男坊だった定九郎は、過去を隠し仲見世の「立番」として働いていた。花魁や遊郭に絡む男たち。新時代に取り残された人々の挫折と屈託、夢を描く。

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン