作品詳細

スクリーンの向こうに 新藤兼人の遺したもの
1512円
映画界の巨匠・新藤兼人監督の遺した思いとは2012年、100歳で世を去った映画界の巨匠・新藤兼人監督。その多くの遺稿の中から、死の直前まで映像作品に込めた情熱、故郷広島への愛着を抽出し、また、戦後70年を直前に控え、新藤自身の戦争体験や原爆・核に対する思いや怒りなどを、鮮烈に描き出す意欲作。[内容]はじめに 新藤次郎第1章 故郷・広島への想い第2章 一家離散から、映画の世界を目指す第3章 戦争体験と原爆、放射能の恐ろしさ、そして怒り第4章 映画作りへの飽くなき情熱第5章 兼人と映画でかかわった人たち第6章 100歳まで生涯現役を貫くおわりに 新藤 風引用文献一覧新藤兼人 監督・脚本映画作品一覧

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン