作品詳細

あの夏、二人は途方に暮れて
607円
雲ひとつない夏の午後。高校生の秋光は公園で涙しているサラリーマンに目を奪われ、つい声をかけてしまう。数日後。花束を抱えて車にひかれかけた男性を助けた秋光は、彼があの時のサラリーマンだと気づく。彼女に振られ自暴自棄になっていたという高林。年齢も環境も何もかも違う人なのに、秋光は不思議な胸の高鳴りを感じ……。 【おことわり】電子書籍版には、紙版に収録されている口絵・挿絵は収録されていません。イラストは表紙のみの収録となります。ご了承ください。
完結

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン