作品詳細

柳橋の弥平次捕物噺 : 2 祝い酒
561円
岡っ引・柳橋の弥平次のもとに、父親の直助を捜してほしいと幼い男の子が訪ねてきた。だがその直助は、かつて南町奉行所吟味方与力秋山久蔵らとともに壊滅に追い込んだ“始末屋”の一件で命を落としていた……。

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン