作品詳細

「あの世」の準備、できていますか?
1120円
きっと、あの世はいいところ考えすぎない。迷いを捨てる。しがらみをなくす。我慢はほどほどに。この世をうまく卒業するために、いま知っておきたいこと。『人は死なない』の矢作直樹(東大病院救急部・集中治療部部長医師)と、作家・田口ランディが語り明かした、新しい死の迎え方と、人生後半の生き方。いい感じでぼけていくと、周りの人も幸せになりますよ。在宅看取りは、人と人を結びつける新しい絆になるでしょう。死を悲しいと感じるのは、死そのものより喪失感だと思うんです。我慢し過ぎると苦しい。人間、ほどほどがいいんです。病気の根っこにある頑固さを溶かせば、心も身体も元気になります。老化は自然現象、闘わない医療福祉がこれから重要になります。本当は、早くあっちに逝きたいっていう人もいます。死ぬときはお互いに挨拶に行くってことで、よろしくお願いします。

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン