作品詳細

手稲山紀行 傷ついた自然の側から
864円
著者が学生時代から親しんだ、かけがいのない山である手稲山(タンネウェンシリ)は、一大レジャーランドと化し、自然破壊も極まった。傷ついた手稲山の声なき声を聞き、人間の理不尽さに抗議する。

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン