作品詳細

忠臣蔵
忠臣蔵 (五) 歴史の瓦版
  • 【期間限定】第1巻が 572円⇒286円!10月17日まで
  • 【期間限定】第2~5巻が 616円⇒308円!10月17日まで
  • ※割引となる作品は割引後の金額が表示されていますので、ご確認の上でご購入ください。
308円
5巻まで配信中
元禄十五年(1702)年十二月十四日。奇しくも月こそ違え、浅野内匠頭の命日。運命の日はやってきた。当日は上野介主催の年忘れの茶会が開かれていた。興奮も静まり皆が寝静まった深夜、折から降り積もった雪の中、内蔵助以下47人の赤穂浪士は、一斉に吉良邸に討ち入った。これは片よった裁定を下した政道に対する異議申し立てであり、昼行灯と呼ばれていた大石が自分を日本全国に輝かすための一世一代の大芝居でもあった。そして、赤穂浪士討ち入りの報は疾風のように江戸市中を駆け抜けていった―。

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン