作品詳細

<徳川家康と関ヶ原合戦>東軍武将列伝 忠臣と叛臣
102円
天下分け目の関ヶ原、徳川家康率いる東軍は、家康と苦楽を共にした“忠臣”たちと、豊臣家を見限った豊臣恩顧の“叛臣”たちとの混成部隊であった。彼らが思い描いた“戦国の後の世”とは? 時代の変わり目に居合わせた武将たちを紹介する!

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン