作品詳細

<織田信長と戦国時代>家臣操縦術は両刃の剣?
102円
凄惨極まる骨肉の争いを経験した織田信長は、いかに人心が移ろいやすいかを痛烈に感じたことだろう。故に、能臣は重用する一方、不要とあらば老臣さえも切り捨てる実力主義を徹底したのも頷ける。しかし、その家臣操縦術が軍団に暗い影を落とすことになる…。

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン