作品詳細

<元禄赤穂事件と江戸時代>悪評まみれの名君 吉良上野介義央
102円
吉良上野介義央といえば武士の風上にも置けない外道――と思われがちだが、それは創作物によって作られたイメージに過ぎないという。エリート官僚、風雅を愛する趣味人、そして愛妻家!? 後世、悪評にまみれてしまった上野介、その真実の姿とは?

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン