作品詳細

<徳川家と江戸時代>家名存続に奔走! 外様大名たちのあの手この手
104円
家康、秀忠、家光――三代を経て政権を盤石なものとしていった徳川家に対し、関ヶ原合戦に前後して臣従した外様大名たちは、あらゆる手段を駆使して家の存続に奔走した。細川忠興、福島正則、伊達政宗、上杉景勝の四大名を例に、その処世術を検証する。

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン