作品詳細

吾輩は看板猫である 東京下町篇
815円
看板娘ならぬ看板猫たちを集めたフォトブック『吾輩は看板猫である』の待望の第2弾。今度は昭和情緒の溢れる東京下町篇です。半年の及ぶ、地道な聞き込みで集めた、近所でも評判の看板猫たちが大集合。ふとん屋の店先で、お客さんを待ちながら、いつのまにかフトンにくるまって居眠りしちゃうボン、蕎麦屋の商品サンプルが並ぶショーウィンドウのカツ丼の隣が指定席のピンク、お店で空きダンボウル箱を見つけると、すぐに中で丸くなってしまうナナなど、お茶目で働き者な子ばかりです。ほっこりしたい時に、眺めて欲しい癒し系写真集です。

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン