作品詳細

東京坊ちゃん(小学館文庫)
605円
幻燈会、デパートの食堂、チャンバラごっこ…。特に貧しくもなく特に裕福でもない、”普通”の家庭に生まれた「のぞむ少年」は、”普通”に幸福な毎日を過ごしていく。両親や祖父母の愛情に包まれて、いろいろな出来事に囲まれて、くやしい思いもいっぱい経験して‐。昭和20年代から30年代の、そこらじゅうにまだ原っぱがいっぱいあった、どこかのんびりしていた時代。懐かしくて愛しくてそしてちょっぴりほろ苦い、つつましくも豊かだった「あのころ」の話。誰もが郷愁をそそられる、リンボウ先生の自伝的小説。

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン