作品詳細

シングルママの涙と誓いの出生届け
330円
胎盤癒着の難産の末、良歌の宮は男子「千年の楓」を出産した。父親になる恋慕の君はその瞬間でさえ怯えていた。生後14日目に、出生届を出しに行った良歌の宮は、嬉々として用紙に必要なことを書き込んだ。婚姻届の出ていない男女の間にできた子どもは、その届け用紙の上で、思いがけない差別を受けることを知った。父親の欄が空白は覚悟の上だったが、まさかの嫡出子と非嫡出子を記載させられた。そして当時は非嫡出子は「子」としてしか受理されなかった。これは婚姻届のない子どもへの差別だ。犬や猫の子じゃない! と窓口で泣き叫ぶ良歌の宮。法律は理不尽に子どもへ親の法律違反を課した。育児をする中で母親になっていく女それは良歌の宮だった。★事実を元に書かれた極限の「自伝的告白小説」!

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン