作品詳細

愛奴、籠絡
638円
おもちゃである久志の持ち主、一紀は久志のおもちゃとしての覚悟を試すため、わざと人前での辱める。ある日一紀の前に彼の母親が現れ、父親の組を継げと迫る。久志は一紀の意を汲んで一旦は大人しく引き下がるが、どうしても彼を助けたいと『おもちゃ』の分もわきまえず、一紀を取り戻そうと奔走する。久志と一紀に待ち受けている運命はどう動くのか。久志の覚悟の先にあるのは何か。愛奴シリーズ最終巻

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン