作品詳細

囚われの姫と黒の覇王【dブック特別版】
660円
愛している。でなければ抱かない「思い知らせてやろう。蹂躙され踏み躙られることの辛さを」 塔で暮らすルーシアはある夜、忍んできた男に未知の快楽と苦痛を与えられる。だが彼女はその行為の意味を知らなかった。 再度塔を訪れたアヴァンは何も知らないルーシアに様々なものを与え教えてくれるようになる。アヴァンにまた触れてほしいと願うルーシア。 彼女を大切に思うからこそそれを拒むアヴァンだが、 二人きりの濃密な時間の中、想いは高まってゆき――!?*イラストの一部を割愛しております。

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン