作品詳細

銭形平次捕物控 紅筆願文
660円
御免――と低い声の羽織袴を身に纏った典型的な御用人、石川孫三郎。江戸きっての腕利き岡っ引き、銭形平次の下にまた新たな事件が舞い込んできた――。石川孫三郎が懐から取り出した一枚の紙。そこには、紅筆で書かれた謎の25文字のかな文字。平次が解いた謎は、呪いの願文だった――。

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン