作品詳細

銭形平次捕物控 人魚の死
660円
初夏の頃、平次は子分の八五郎と亀戸へ行った帰りに、お松とお村の美女2人が海女をしている見世物小屋に入る。その翌日、海女のひとり、お松が見世物の最中に死んでしまう。それを目の当たりにしていた八五郎は、大慌てで平次の下に転げ込んでくる。一番怪しいと思われるお村だったが、どう考えても、お松を殺すことはできない……。現場に行った平次は、水槽のミスをすっかり抜くように指示を出す……。

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン