作品詳細

毎日は笑わない工学博士たち I Say Essay Everyday
615円
若々しい自分は恥ずかしい。このほとんど嫌味なまでの初々しさ‐‐一九九六年八月三十日、デビュー直後の著者は、文学への原点回帰かつ新しいエンタテインメントの可能性を探ってエッセイ“思考と行動”を開始。本書は事実上その嚆矢である。「これしか読んでません」という読者も多数いる人気シリーズ第二弾。山本直樹氏による作文マンガつき。

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン