作品詳細

半七捕物帳
半七捕物帳 三十 あま酒売
660円
30巻まで配信中
安政四年の正月から三月にかけて不可思議な噂が江戸に広まる。毎日、暮れ六ツ、いわゆる「逢魔が時」の頃に、ひとりのお婆さんがどこからか出てきて、甘酒を売り歩いていた。ただ、このお婆さんに近づくと、病気にかかり、蛇がのたくるように蒲団の上を這いまわり、ひどいときには死んでしまう、との噂が立つ。その噂が徐々にひどくなり、半七たちも無視できずに調べ始める。そして、半七は、そのお婆さんが、河内屋という質屋をのぞいていたとの情報を得る……。早速、その河内屋を訪れた半七だったが……。
半七捕物帳
660円
半七、初見参!「ふみが来た、ふみが来た」夜ごと、枕…
半七捕物帳
660円
半七、初見参!日本橋にある小間物屋「菊村」の女主人…
半七捕物帳
660円
半七の粋な気の利かせ方半七の妹であるお粂が下谷に住…
半七捕物帳
660円
半七の粋な気の利かせ方半七の手先、熊蔵が不穏な話を…
半七捕物帳
660円
一見、恐ろしい事件だが、半七の眼はごまかせない嘉永…
半七捕物帳
660円
江戸の下町で起こる奇々怪々の事件。誰かのいたずらな…
半七捕物帳
660円
文久2年のある夏の夕刻に、茶店を営んでいるお亀とい…
半七捕物帳
660円
かつて市ヶ谷にあったという、帯取りの池(池に美しい…
半七捕物帳
660円
慶応元年、雪がちらつく中、半七は、ある建物の門前で…
半七捕物帳
660円
2つの別々の話から成る作品。『広重』は浅草田町の辺…
半七捕物帳
660円
安政三年十一月十六日、半七は、八丁堀の同心から呼ば…
半七捕物帳
660円
内容紹介文久二年の話。芝神明宮近くに住んでいた老女…

この作品を読んでいる人にオススメ

岡本綺堂の他の作品


dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン