作品詳細

立正安国論 訓訳読本
660円
※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

日蓮宗の開祖である鎌倉時代の僧、日蓮。「立正安国論」は、日蓮が法華経の重要性を説いた文書であり、元寇の起こる数年前に時の権力者北条時頼に提出されたことから、信者の中ではその後の国内の動乱を予知した予言の書としてとらえられていた。 本書は、明治27年出版の電子書籍。同年には、内村鑑三が著作「代表的日本人」の中で世界に誇る日本人の一人として日蓮を紹介している。

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン