作品詳細

葉隠
葉隠 上
880円
※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

「葉隠」は江戸時代の武士、山本常朝が武士の心得について記した書。「武士道と云ふは死ぬ事と見付けたり」の一節はあまりにも有名だが、一方で処世術や礼法のマニュアルとしての一面もあり、いま読んでも有益な人生の知恵が詰まっている。本書は昭和12年に出版されたもの。

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン