作品詳細

なぜ、セブンでバイトをすると3カ月で経営学を語れるのか?実践ストーリー編
660円
なぜ、セブン‐イレブンは一日の売り上げがライバル店より平均12万円も高いのか?その秘密はアルバイトやパートも含む「全員参加経営」にあり!セブン‐イレブン流経営学を学ぶために第一弾「新装版・入門編」に引き続き、図解でビジュアル化した事例が満載の「実践ストーリー編」が登場です。【目次より】◆第1章 セブン‐イレブン流「仮説力・演出力」をつける01 仮説力に必要なのは「疑問力」04 仮説は常に「顧客の立場で」考える05 「素人の仮説力」はプロをしのぐ06 機会ロスを「見える化」する 08 演出力で「五感に響く売り場」をつくる◆第2章 セブン‐イレブン流「伝達力・対話力・接客力」を磨く11 伝達力の基本は「平易な言葉」を使う13「数字の力」を使うと伝達度が増す14 顧客との「対話」なしではものは売れない15 接客は「される」立場で行う18 顧客との対話は「情報源」19 全員で情報を「共有」する◆第3章 セブン‐イレブン流「挑戦力・自己成長力」を高める21 「一見不可能に見える高い目標」で殻を破る22 「挑戦した失敗」は次につながる25 「○○のせい」にして逃げない27 「短時間」に集中するほうが力がつく28 「聞く力」を高める◆第4章 セブン‐イレブン流「上司力・マネジメント力」を学ぶ31 リーダーは「よきティーチャー」になるべし33 教育とは「気づき」を与えること36 若手アルバイトは「ほめて伸ばす」37 メンバーの「一体感」をいかに生み出すか39 「全員参加経営」を実現する40 「奉仕型リーダー」が全員の力を引き出す

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン