作品詳細

黄塵を駆ける
黄塵を駆ける(下)
495円
2巻まで配信中
日露戦争・中国内乱に巻き込まれながらも、夢に燃える男たちの物語 満蒙の荒野に新しい帝国を築き上げようという今野頑太らの理想は、日中の厳しい情勢の中で揺れ動き、次第に歪められていく。うち続く激しい戦闘の中で頑太は、小梅(シャオミー)という中国人少女とふとした縁から共に暮すことになり、やがてその少女が大きな生きがいとなっていく。青年が夢見た王道楽土は出現したのか…。 アジア十億の民衆の平和と幸福を追い求め、日中の交流に全人生を捧げた男たち。その熱血ロマンを壮大なスケールで描いた、傑作冒険小説。完結篇。●胡桃沢耕史(くるみざわ・こうし)1925年東京生まれ。府立六中(現新宿高校)、拓殖大学卒。『近代説話』同人。昭和30年、『壮士再び帰らず』(筆名・清水正二郎)で第7回オール讀物新人賞、58年、『天山を越えて』で第36回推理作家協会賞、同年『黒パン俘虜記』で第89回直木賞を受賞。『翔んでる警視正』シリーズ、『旅人よ』、『ぼくの小さな祖国』、『女探偵アガサ奔る』、『ぶりっこ探偵』、『夕闇のパレスチナ』、『闘神』など著書多数。

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン