作品詳細

<徳川幕府の草創期>老中制確立までの苦難の道のり老中制確立までの苦難の道のり
104円
幕閣同士の激しい権力抗争が繰り広げられながらも、家康・秀忠・家光の初期三代によって徳川幕府の礎は築かれた。家康が重用した本多父子の出頭人政治から、家光による老中制確立までの流れを追う。

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン