作品詳細

<毛利と戦国時代>大内氏乗っ取りのシナリオ
102円
毛利元就の生涯は、数々の調略で埋め尽くされている。とりわけ強かだったのが、“大寧寺の変”である。陶隆房のクーデターを利用し主筋の大内義隆殺しに加担したこの変は、毛利氏にとって一挙両得の戦略・戦術となった。“大寧寺の変”にみる毛利氏の調略術の神髄とは。

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン