作品詳細

<下剋上と戦国時代>陶晴賢 領民解放のクーデター
104円
大内義隆に反逆しそれを殺した、陶晴賢。元々は、大内氏で庶流家のひとつであった陶氏。主従関係ではなく対等な関係だった二人の間に一体何があったのか。陶晴賢の裏切りの理由を精査した末に分かった、戦国期における「下克上」の真の意味を提示する。

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン