作品詳細

<伊達政宗と戦国時代>秀吉も舌をまく豪胆さ
102円
関白として天下統一の触手を、東北まで延ばしてきた豊臣秀吉。伊達政宗は、奥州探題として秀吉の論理を突っぱねた。その後も巧みに秀吉の攻勢をかわし続ける。時に、押し。時に、引く。しなやかな竹のように「天下人」秀吉と互角に渡り合った独眼竜のプライド。

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン