作品詳細

秋のおわりの氷のカケラ
330円
ライトミステリー恋愛小説。社内でキス魔事件が横行する中、シャルドネ・ピノ・ミオの三人は部屋の前でデータチップを拾った。数字の羅列の入ったチップのデータは犯行予告とも何かのシミュレーションとも取れる代物。どうしてそれが三人の部屋の前に「わざと」落ちていたのか。キス魔の目的は?ただの強制わいせつ行為ではない?キーワードは「情報」。「……信用しているから、許しちゃう。何があっても」。

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン