作品詳細

誰もいないはずの聖夜に
990円
街は光り輝き、誰もが幸せそう……クリスマスを嫌いなのは、私だけ?離婚した両親に捨てられたのは、13歳のクリスマスの朝だった。以来ケイラは、寂しさが募るこの季節が大嫌いだった。今年はどうやり過ごそうかと、仕事中も暗い気分で思案していると、思いがけずも、上司から休暇返上の出張命令が下された。新しいクライアントから、条件つきで仕事の依頼があったというのだ。“1週間うちのリゾートに滞在して、キャンペーンを企画してほしい”と。浮かれ騒ぐ街から逃げ出す、またとない口実だわ。ケイラは快諾した。雪に埋もれたコテージで、クリスマスが終わるまで隠れていよう。リゾートのオーナー、ジャクソンがどれだけハンサムだろうと、仕事に没頭するケイラにはなんの支障もないはずだった。当のジャクソンは、まったく逆の考えを抱いていたとしても。■HQロマンスやイマージュで、枠にとらわれない多才ぶりを発揮している人気作家サラ・モーガンが、初の長編を手がけました。本国イギリスで10万部を売り上げたこの作品は、ロマンティックな気分にさせてくれること請け合いの、極上クリスマス・ロマンスです。

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン