作品詳細

くらがり同心裁許帳
土下座侍  ‐くらがり同心裁許帳(十五)‐
544円
15巻まで配信中
かつての同僚が悪事に手を染めているらしい――。 “土下座侍”大林天馬から相談を持ちかけられた翌日、材木問屋「生駒屋」の主人ら五人が惨殺された。店の丁稚は額に三日月の傷を持つ男、天馬の元同僚・浅見を見たという。追っていたくらがり事件と浅見に意外な共通点があることを知った忠兵衛は探索に乗り出すが、その背後には、ある藩の改易にからむ巨大な陰謀が潜んでいた……。 迷宮事件を扱う窓際同心の人情裁き。シリーズ第十五弾!
くらがり同心裁許帳
544円
一年前に内藤新宿の飾り職人が、酔って大川に転げ落ち…
くらがり同心裁許帳
544円
くらがりに落ちた、とは―――いわゆる迷宮入り事件を…
くらがり同心裁許帳
544円
下谷広小路に店を構える薬種問屋の主人が、心の臓を一…
くらがり同心裁許帳
544円
吾嬬権現の蓮池に浮いた男。京橋に店を構える両替商「…
くらがり同心裁許帳
544円
ご公儀への仕官をかなえてやるからと、無役の御家人や…
くらがり同心裁許帳
544円
御赦免花が咲いて江戸に舞い戻っていた遊び人の鎌吉が…
くらがり同心裁許帳
544円
・病の床に伏した妻がありながら、無実の罪を被って沈…
くらがり同心裁許帳
544円
竹本若太夫――いまや江戸では知らぬ者はいない人形浄…
くらがり同心裁許帳
544円
大名、豪商も頭を下げた悪徳医師・良順に振りかかる不…
くらがり同心裁許帳
544円
いつも塵芥が流れる堀川。向こう岸は金持ちの匂いがす…
くらがり同心裁許帳
544円
小町娘が脇腹をひと突きされ、次々に殺された。抱き締…
くらがり同心裁許帳
544円
江戸で一番の人気を博していた「羽織幇間」であり、流…

この作品を読んでいる人にオススメ

井川香四郎の他の作品


dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン