作品詳細

「小牧・長久手合戦」両雄の激突
104円
柴田勝家を打ち破った羽柴秀吉は、急速にその地位を高め始めていた。本能寺の変以降、天下取りの争いを静観していた徳川家康は遂に、信長の二男である信雄とともに、秀吉と対峙する。その後、家康の評価の元となった、小牧・長久手合戦を分析する。

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン