作品詳細

北条氏の最後
104円
甲斐・信濃への侵攻、神流川合戦、徳川家康との和睦から小田原征伐に帰結した豊臣秀吉との対立とその後まで。弱冠十八歳で当主となり、和戦両派の分裂のなかで板挟みとなった、北条氏直の軌跡をたどりながら、北条氏滅亡の道程を精緻に描きだす。

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン