作品詳細

断言しよう、人生は変えられるのだ。
1298円
必要なのは、ちょっとした勇気。多くの人は人生を変えたいと思っています。ところが、自分の人生を劇的に変えられると思っている人は案外、少ないものです。一方で、信じられないくらい、劇的に人生を変えていく人も少なからず存在します。その違いはいったいどこにあるのでしょうか。この本の著者、ジョン・キム先生もかつては、今のままではいけない、新しい人生を切り開きたい、と心から渇望しながらも、自分の人生を変えるのは難しいのではないかと、もがき苦しんだ時期を送ったことがあるそうです。「でも、安心してほしい」と著者は言います。人生を変えるのは難しいことでもなんでもなく、必要なのは、少しばかりの勇気と、ほんのちょっとした視点の転換である、と。「外=環境」のせいにするのではなく、勇気を振り絞って、自分の「内=視点」を変えることが重要だと著者は説きます。具体的には、「感情力」「解釈力」「感受力」「対話力」「人脈力」「時間力」「読書力」「選択力」の8つの視点から自分の内側を変えていくことで、人生は劇的に変わるというのです。アジア、アメリカ、ヨーロッパ等を研究者として渡り歩き、その自由な生き方と独自の哲学が人気を呼んでいるジョン・キム先生。豊富な人生経験から紡ぎ出された、心に沁みる言葉の数々に触れてみてください。あなたの内面に、重大な変化が起きるはずです。*目次より●自分を苦しめる人に力を与えているのは自分である●悪意にも1パーセントの真実が隠されている●感情を制御するには飴と鞭が必要である●沈黙を恐れるな、間を置いて話をせよ●人間は、裏では感情9割、理性1割で動く●人と対立することは無意味である●どうでもいいことは言わない●敵対する人が現れたら、幸せを祈ってあげる●人生の醍醐味は正解を自分で決めることにある●選択とは、その他をすべて捨てること

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン