作品詳細

「母のことなど17の小品」
540円
1965年(昭和40年)11月に刊行された山本利男の2冊目の詩集。自分の生にかかわる感動を詩にしていた20代後半の作品から、17篇を自選している。夭折した兄への思い「鯖雲」や、流産で亡くした第一子と妻の「部屋」「蚊帳」。そして「母」の詩に見られる素直なまでの思慕は、長兄を失ったあとの唯一の男子をいかに愛した母親であったかが読み取れる。“ぼくはいよいよ肥っていかねばならないのだ”作品「母」この最終行と「あとがき」の“わたしはいよいよ人生の中核にすすむ年代になった”が呼応するが、大人の純粋について思念することは変わらないだろうと青年山本は予見している。この詩集から十年後、筆名を十四尾と変えたことも、三十代をまたいだこのときに構想していたのかもしれない。 石下典子

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン